カラコンの種類って色々とありますが、初心者の方が使うカラコンってどんなものが良いのでしょうか?
こちらで初心者向けカラコンの選び方について紹介したいと思います。

初めてカラコンは「ワンデー」がオススメ!
初めてのカラコンは1日使い捨ての「ワンデー」がオススメです。

2週間タイプやマンスリー(一ヶ月)タイプのものは「手入れ」が必要になります。慣れていないと、タンパク質の汚れや雑菌が原因で目に病気を持つ可能性もあります。
「ワンデー」の場合、1日使い捨てなので、「お手入れ」の手間が省けますし、楽です。

初めての人は、まずワンデーを何種類か試してみてからのほうが良いと思います。
そして初めてカラコンをつける場合は、眼科へ行って検査しましょう。
目の検査をして、そこで勧められたカラコンをつけるのが一番です。

初めてのカラコンには、アキュビューディファインがオススメ!
眼科でも販売されています。
最大手レンズメーカー「ジョンソン&ジョンソン」で販売されているカラコン。
安心・安全度も高く、初めての人につけやすいカラコンです。

いきなりデカ目カラコンが怖い人は、まずこちらを試してみると良いと思いますよ。
「ディファイン」はリングタイプの代名詞ともいわれています。

今人気のオールインワンジェル化粧品ですが、やはりデメリットもあるのでしょうか?
こちらではオールインワンジェル化粧品のデメリットについて紹介しますので、これから使おうと思っている方、使っている方はぜひチェックしてみてくださいね。

微調整が出来ない
まず、オールインワンゲルという性質上、スキンケアの全てを1つで終えられるのが特徴ですが、
逆にいうと、微調整が効かないという点が挙げられます。
例えば、日々の肌状態は毎日同じような状態であれば問題ないのですが、女性であれば、ストレスから肌の状態が変化する日もあると思います。

そんな時でもオールインワンゲルは勿論使えるのですが、日々の肌変化への微調整は出来にくいと言えます。

敏感肌や乾燥肌の人は注意!
オールインワンゲルは、美容成分をスキンケアが1つでカバー出来るよう色々配合しています。
中には、敏感肌の方が使うと逆に肌荒れやトラブルを招いてしまう物もあるので注意が必要です。
例えば、自分の肌に使いたくない成分(過去にトラブった成分)が入っていたら使わないほうが良いですよね?
基礎化粧品の場合、ひとつひとつの役割が決まっていて、成分も選べばよく、好きな物を揃えることが出来ます。
ですが、オールインワンだと
「欲しい機能は備わっているれけど、私の肌にダメな成分が入ってる…」などと言う場合
当然ですが使えないものとなり、選択肢から外れてしまうでしょう。

美容雑誌の付録って最近ものすごく豪華ですよね。
私も美容雑誌をよく買いますが、これは良いと思うものがたくさんあるので嬉しいです。
そこで、こちらでは美容雑誌のおすすめの付録について紹介します。

VOCEの最新号には、スペシャルボディケアセットが付録。
クラランスのボディ美容液と、ベキュアハニーのハンドクリームと入浴剤が入っています。
乾燥が気になるこれからの季節に、ぴったりの内容ですね。
くに、ベキュアハニーのハンドクリームは持ち歩きコスメに最適なミニサイズ。
ナチュラルコスメブランドのベキュアハニーのハンドクリームは、低刺激で使いやすいと評判です。
こじはるの表紙が目を引く「マキア」12月号の付録は、2017年のダイアリーとマキアージュのBBクリーム。
BBクリームとしての機能はもちろんの事、艶っぽい大人美肌が作れる大人気のベースクリームをお試しできます。
小さめサイズのハンドクリームは、気軽に持ち歩けるのも嬉しいですよね。
マキアージュのBBクリームを試せるチャンスが美容雑誌で。10時間もの長時間化粧をキープしてくれる、その実力をお試しあれ。

部分しわやしみが気になってくるアラサー世代におすすめしたい、フローフシのアイクリームの試供品がついている、「美的」12月号。
今話題のセントオブヴァロのとっても可愛いダイアリーもついています。

保湿ケアをするのってちょっと大変だと思っている方も多いのではないでしょうか。
そこで、こちらでは隙間時間にできる保湿の方法について紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

乾燥肌に最も重要な成分はセラミドです。角層に存在するお肌の脂質成分というのがセラミドになります。
乾燥肌の人は、毎日の洗顔でセラミド成分まで洗い流されてしまいます。
乾燥肌の方は失ったセラミドを取り戻すべく、角層の隅々までセラミドが行き渡るように浸透させることが大切です。
セラミドでも、“ヒト型セラミド”が私達の肌に最適だと言われています。購入される際は成分表をチェック!

メイク直しには乳液を使用します!ミストはかえって水分を蒸発させてしまうのでNGです。
ミストは、その場しのぎの水分補給にしかなりませんよ!
確実に保湿アリのメイク直しをするならば、乳液を使うのがベスト。

コットンに乳液を染み込ませ、化粧崩れをしている部分を拭き取ります。
次に、拭き取った部分に再度乳液をつけて馴染ませます。
後は、通常のメイク直しと同様にファンデーションの上にフェイスパウダーという順です。
持ち運び用の乳液さえあればできる、簡単な潤い美肌を作るワザです!

自宅で炭酸を作るのってなんだかすごく大変そうなイメージですよね。
しかし、自宅でも簡単に安く炭酸を作る方法はあります。
そこで、こちらではその詳しい方法について紹介したいと思います。

洗顔・洗髪用(粉末)

用意するもの
・冷やした水 2リットル
・重曹      20グラム(大さじ1+小さじ1)
・クエン酸    20グラム(大さじ1+小さじ1)

作り方
① 洗面器に冷やした水を入れる

② 重層・クエン酸を入れる

③ かき混ぜる
ペットボトルから使いたい場合は洗面器ではなく空のペットボトルに材料を入れて混ぜればOKです。用途によって使い分けてください。

入浴用(粉末)

用意するもの
・お湯 いつも通り
・エッセンシャルオイル(お好みで)
・重曹     45グラム(大さじ3杯)
・クエン酸  35グラム( 大さじ2杯+小さじ1杯)
・天然塩   30グラム(大さじ2杯)

作り方
①エッセンシャルオイルをバスタブに入れる
お湯を入れる前にバスタブにお好みのエッセンシャルオイルお3~5滴ほど入れておきます。

② 39~40度のお湯を入れる

③ 重曹・クエン酸・塩を湯船に入れてよくかき混ぜる

炭酸専用マシンで作る
炭酸マシンを使えば、飲料としても使用することができ、使いたい分だけご自宅で手軽に作ることができます。

メリット
・粉末で作るよりも飲みやすい
・かさばらない
・頻繁に使う人にとっては安価ですむ
・自分で炭酸濃度を調整できる
デメリット
・本体の金額だけでなく、カートリッジの交換やメンテナンスなどが必要
・あまり使わない人にとっては高くなる可能性あり
・水道水を使用して作るのであれば安価になるが、わざわざミネラルウォーターを買って作るのであれば初めから炭酸水を買った方が安価