» 2016 » 10月のブログ記事

保湿ケアをするのってちょっと大変だと思っている方も多いのではないでしょうか。
そこで、こちらでは隙間時間にできる保湿の方法について紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

乾燥肌に最も重要な成分はセラミドです。角層に存在するお肌の脂質成分というのがセラミドになります。
乾燥肌の人は、毎日の洗顔でセラミド成分まで洗い流されてしまいます。
乾燥肌の方は失ったセラミドを取り戻すべく、角層の隅々までセラミドが行き渡るように浸透させることが大切です。
セラミドでも、“ヒト型セラミド”が私達の肌に最適だと言われています。購入される際は成分表をチェック!

メイク直しには乳液を使用します!ミストはかえって水分を蒸発させてしまうのでNGです。
ミストは、その場しのぎの水分補給にしかなりませんよ!
確実に保湿アリのメイク直しをするならば、乳液を使うのがベスト。

コットンに乳液を染み込ませ、化粧崩れをしている部分を拭き取ります。
次に、拭き取った部分に再度乳液をつけて馴染ませます。
後は、通常のメイク直しと同様にファンデーションの上にフェイスパウダーという順です。
持ち運び用の乳液さえあればできる、簡単な潤い美肌を作るワザです!

自宅で炭酸を作るのってなんだかすごく大変そうなイメージですよね。
しかし、自宅でも簡単に安く炭酸を作る方法はあります。
そこで、こちらではその詳しい方法について紹介したいと思います。

洗顔・洗髪用(粉末)

用意するもの
・冷やした水 2リットル
・重曹      20グラム(大さじ1+小さじ1)
・クエン酸    20グラム(大さじ1+小さじ1)

作り方
① 洗面器に冷やした水を入れる

② 重層・クエン酸を入れる

③ かき混ぜる
ペットボトルから使いたい場合は洗面器ではなく空のペットボトルに材料を入れて混ぜればOKです。用途によって使い分けてください。

入浴用(粉末)

用意するもの
・お湯 いつも通り
・エッセンシャルオイル(お好みで)
・重曹     45グラム(大さじ3杯)
・クエン酸  35グラム( 大さじ2杯+小さじ1杯)
・天然塩   30グラム(大さじ2杯)

作り方
①エッセンシャルオイルをバスタブに入れる
お湯を入れる前にバスタブにお好みのエッセンシャルオイルお3~5滴ほど入れておきます。

② 39~40度のお湯を入れる

③ 重曹・クエン酸・塩を湯船に入れてよくかき混ぜる

炭酸専用マシンで作る
炭酸マシンを使えば、飲料としても使用することができ、使いたい分だけご自宅で手軽に作ることができます。

メリット
・粉末で作るよりも飲みやすい
・かさばらない
・頻繁に使う人にとっては安価ですむ
・自分で炭酸濃度を調整できる
デメリット
・本体の金額だけでなく、カートリッジの交換やメンテナンスなどが必要
・あまり使わない人にとっては高くなる可能性あり
・水道水を使用して作るのであれば安価になるが、わざわざミネラルウォーターを買って作るのであれば初めから炭酸水を買った方が安価