» 美容のブログ記事

セラミドもヒアルロン酸もかなり優秀な美容成分ですが、その違いって知っていますか?
こちらでは両者の違いについて紹介していきたいと思いますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

セラミドは表皮の一番上の層である表皮の角質層に存在しています。また、細胞と細胞の間を埋める細胞間脂質のひとつです。

細胞間脂質の役目は、水分を蓄えて肌を保湿するとともに、細胞間をすき間なく埋めることで外部からの刺激をシャットアウトすることです。

ヒアルロン酸は真皮に存在し、網状の構造をしたコラーゲンやエラスチンのすき間を埋める、ムコ多糖類の一種です。

粘性が高いゼリー状のヒアルロン酸は、1gあたり6リットルという保水力を持ち、肌の弾力とうるおいをキープする役目があります。また、肌以外に軟骨・目・脳・関節液などにも存在します。

肌の中のセラミドは20歳を過ぎると徐々に減り始め、20歳前後に100%だった角質中のセラミド含有量が、40歳前後で約50%、70歳前後で約30%になってしまいます。

一方のヒアルロン酸は、40代後半から急速に減り始めます。40代中盤まではほぼ100%をキープし、40代後半になると一気に急降下して60歳前後で50%、70代中盤では20%を切るほどに。

プラセンタを美容のために飲んでいるという方も多いと思いますが、副作用はあるのでしょうか?
こちらではプラセンタが体に及ぼす影響について紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

正確には副作用とは医薬品において使われる言葉ですから、健康食品であるサプリメントに副作用ということばは使いません。
ですが、健康食品として錠剤やカプセル剤などの形をしていて、何らかの効果があれば副作用もあるのではと考えるのが普通ですね。
プラセンタ自体はもともと副作用の心配の少ない成分です。

睡眠に対しては割と早く変化が起こることがあります。
プラセンタサプリを飲み始めてから、夜8時に眠くなってしまったり、朝5時に目が覚めてしまったりします。
夜中にもぱっと起きてしばらく眠れなくなってしまったりするなど睡眠が浅くなったりします。
逆にしっかりと眠れて朝起きるのが楽になったなど睡眠の変化には個人差があります。
これは本来人間が持っている体内リズムに戻ろうとしていると考えられていて、しばらくすると慣れて今までどおりの睡眠パターンになります。

プラセンタは更年期の女性では、上がりかけた生理が戻ってくるなどの効果があるので生理に関してはいつもよりしっかりとした生理になることで重くなったり、生理痛が強いと感じる場合もあります。
また生理が早く来る場合もあります。

バストアップをするにあたって豆乳を飲もうと思っている方も多いと思いますが、摂取量には気をつけなければいけません。
こちらでは適切な摂取量を紹介していきたいと思います。

無調整豆乳や調整豆乳ならば一日1パック、コップ1杯分を取れば充分です。
豆乳飲料は味によって大豆イソフラボン量が大きく異なります(商品によっては40mgや20mgくらい)が、2本くらいは飲んでも大丈夫です。

日本人は豆乳以外にも、納豆、豆腐、みそ、厚揚げなど大豆イソフラボンが多く含まれる大豆製品を食べています。
豆乳を飲まなくても、実は一日に摂取しておきたい量を既にクリアしているかもしれません。

大豆の種類や製造方法によって、平均の含有量は変わってきます。
豆腐一丁(300g)で61mg、納豆一パック(50g)で36mgくらい。

ちなみにきな粉大さじ1杯(約10g)入れた「きな粉豆乳ドリンク」にして飲む場合は、豆乳200mlときな粉10gで合計72 mgの大豆イソフラボンを摂取できます。

豆乳は手軽に取れる大豆製品の一つなので「今日は大豆製品食べてないな……そうだ豆乳を飲もう!」くらいに考えておくと良いかもしれません。

またイソフラボンを特定保健食品(いわゆる特保)やサプリメントで摂取する場合は、一日30mgまでを上限としています。
そうすると、残りの40~45mgは食べ物で補う必要があります。

まつげを伸ばしたい、増やしたいと思っている方はきっと多いですよね。
でもまつげ美容液って一体どのようなものを選べば良いのか迷いませんか?
そこで、こちらではキャンメイクのラッシュケアエッセンスというものを紹介したいと思います。

まつげに栄養を与える
ハリ・艶が出る
保湿・保護成分が入っている
根元から塗りやすいチップタイプ

プチプラということで、特に期待していませんでしたが保湿されるのでダメージ保護として使うならキャンメイクの美容液でも十分だと思いました。

まつげ美容液って1,000円以上するイメージでしたが、こんなに安く手に入るというのは初めて知った時ビックリしました。

「とりあえず美容液を使ってみたい」という人にとっては、チャレンジしやすい価格なのでやってみようと思えますよね。ただしあくまでも保護ケアなので、育毛ケアをしたいという人には向いていません。

朝と夜に洗顔後1回づつ塗るだけで、2ヶ月程使うことができます。
これは月290円でケアができるということですね。価格にすると、とっても安いです。

透明マスカラの代わりとしても使えるので、用途によっては1ヶ月程でなくなってしまうかもしれませんがそれでも「プチプラ」と言われているだけありますよね。

アスタキサンチンって実際どんな効果があるかわからないという方も多いのではないでしょうか?
こちらでは美肌に効果があると言われているアスタキサンチン化粧品の選び方を紹介したいと思います。

一緒に配合されている保湿成分をチェックする
アスタキサンチン化粧品を選ぶ際は、アスタキサンチンと共に配合されている保湿成分もチェックしてみましょう。
「保湿」はお手入れの基本であり、すこやかな肌には欠かせません。
保湿成分には「セラミド」「ヒアルロン酸」「コラーゲン」「アミノ酸」等のほか、各メーカーが独自に開発した成分や、植物から抽出したエキスなど、幅広く種類があります。
商品のパッケージなどに記載されている全成分表示欄を確認してみてください。

美容液を選ぶ
アスタキサンチン化粧品を選ぶ際は、美容液から試すことをおすすめします。
なぜなら、基礎化粧品の中でも特別なお手入れを行うためのアイテムとしてつくられていることの多い美容液は、成分を濃縮して配合しているものが多いからです。
そのため、アスタキサンチンの魅力を実感してみたい方は、どのアイテムを購入しようか悩んだら、まずは美容液を試してみてください。