顔のたるみができてしまったらやっぱりショックですよね。
こちらでは耳たぶつまみという顔のたるみを除去する方法について紹介するので、ぜひ実践してみてくださいね。

耳たぶつまみを行うと、顔のたるみの原因となる咀嚼筋(そしゃくきん)の緊張がほぐれ筋肉がゆるみます。
咀嚼筋は、側頭筋(そくとうきん)・咬筋(こうきん)・外側翼突筋(がいそくよくとつきん)・内側翼突筋(ないそくよくとつきん)という4つの筋肉の総称ですが、中でも、外側翼突筋は緊張から硬くなりやすく、顔のたるみに関わる他の筋肉にも悪影響を及ぼします。

でも逆に、その外側翼突筋をゆるめれば筋肉や細胞の間にある間質リンパの流れがスムーズになり、老廃物も流れ肌や筋肉が若返り顔のたるみが消えていきます。

自己流のマッサージや過度に表情筋を動かすことで余計にたるみがひどくなってしまう危険があるからです。
顔の筋肉は、強く揉んだりたたいたりしなくても、リンパをスムーズに循環させ酸素や栄養素を供給することで充分若返るので、自己流のマッサージや過度な表情筋トレーニングは控えましょう。
毎日のスキンケアやちょっとした心がけでたるみが防げれば、年齢を感じさせない若々しさが手に入ります。
顔の筋肉を若返らせる耳たぶつまみは、1回でもリフトアップ効果が実感できますが、毎日行うとより効果が実感できます。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする